SEO対策

競合との比較で行うseoについて

サイトのseoでは常に競合サイトとの比較をする必要があります。検索ワードではどのような優位性があるのか、それに対してユーザーの流入や商品の販売にどうつながっているのかを分析することになります。検索ワードでの優位性があるにも関わらず販売につながっていないとなれば、サイト内部の最適化が必要であることが分かります。
競合サイトが検索順位では劣るものの、より多くのユーザーを取り込んでいるとなれば何かしらの問題があると考えられるわけです。あるいは検索順位では自社サイトが劣るものの、ユーザー流入がそれなりにあるようならば、コンテンツに関しては優位性があると判断できます。その場合には他のキーワードを選定してseoを行うアプローチが考えられます。競合サイトと自社サイトを比較することによって、色んなデータを得ることが可能です。それを元にどんなseoを行えば効率良く業績を向上させることができるのかを分析できるというわけです。
競合サイトはどのようなキーワードで集客しているのか、その効果はどの程度あるのかを調べることもできます。競合サイトが集客できないキーワードで自社サイトでは豊富なコンテンツを持っているのであれば、多くの集客が望めることが分かります。